ヴィータ動物病院

神奈川県川崎市中原区宮内4-9-35
平日  9:00~12:00 / 16:00~20:00
土日祝 9:00~12:00 / 14:00~17:00
休診日 水曜日

デンタルケア

歯周病予防のために定期的な歯科チェックを!

歯周病の主な原因は、口のなかに歯垢がたまり不衛生になることです。そのなかで繁殖した細菌が歯肉に炎症を起こします。歯周病にかかると、口臭がする、食欲が低下する、歯がグラグラし、やがて歯が抜けるなどの症状が現れます。また、歯周病が進行すると、歯周病菌が原因で内臓疾患を併発することもあります。

3歳以上のワンちゃん・ネコちゃんのうち8割が歯周病

うちの子には関係ないと思わないでください。歯肉炎などの軽い歯周病のうちは、歯垢・歯石を取り除き、歯のまわりを清潔にすれば治りますが、重い場合には歯を抜いて治療するケースもあります。歯磨きや口腔ケア、歯科チェックは定期的に行いましょう。

歯科診療の流れ

1. 歯科診療

歯の状態、歯石の量、歯周病の進行度合などをチェックします。 この診察結果をもとに、その子に必要な処置をご提案します。飼い主様と一緒に今後の治療方針を決定します。

(どの位の間隔で通院すれば良いのか?麻酔をかけた処置が必要か、麻酔をかけないで済むのか?など)

 
2. スケーリング処置 (+抜歯処置)

「超音波スケーラーやキュレットなどの機器を用いて、歯に付着した歯石を除去します。表の歯石はもちろん、裏面や歯周ポケットの汚れも綺麗に落とします。

歯石を除去した後に、重度の歯肉炎などにより抜歯が必要な場合にはご相談の上、抜歯を行います。」

 
3. ポリッシング処置

スケーリング処置後、一見歯の表面はきれいになっているように見えますが、顕微鏡で拡大すると細かい歯石が残っています。また超音波スケーラーやキュレットによって歯の表面に細かな傷ができ、歯石が付きやすい状態になります。そのため、研磨剤を使って、すみずみまで歯石落とすと同時に、歯の表面をツルツルに整え歯石を付きにくくします。

 
4. 洗浄・消毒・薬剤塗布処置

最後に口腔内の除去歯石や歯垢・血液などを洗い流し、消毒をします。状態に応じて歯科用抗生剤の歯茎への塗布や、歯の再石灰化を促し、ツルツルに保つためにフッ素を塗ります。


デンタルケア料金

処置の内容 料金(税抜)
麻酔が必要でない場合

3,000円~

ワンちゃんが我慢できる時間はその子によって差がありますが、10~20分くらいです。あまりにも歯石が多い場合には、2~4回に分けて歯石を取り除く場合もあります。状態やその子の性格によって処置回数は変わってきます。
麻酔が必要な場合

15,000円~

体重により基本料金が変わります。その他に抜歯等の処置やお薬が必要な場合は別途、費用がかかります。 状態や年齢によっては、麻酔前の血液検査を必要とする場合もございます。

*別途、初診料1000円または再診療500円かかります(税抜)